野菜を食べよう

画像の説明

リンパ痩身エステサロン
ナチュラルヘルシービューティーです。

野菜を多く食べるように言っていますし、私も多く野菜を食べるようにしています。

ですが、野菜だけの食事をするとか、菜食主義を支持しているわけでは無いです。

野菜のみの食事では栄養が偏ってしまいます。

ただ、意識して野菜を多く食べるようにしないと、野菜が不足してしまう人が多いです。

野菜が少ないと食物繊維や水分が足りずにデトックスできず、便秘や脂肪も溜め込みやすい、ビタミンミネラルの不足で代謝が落ちる、腸が汚れ血液も汚れ血行不良、髪や肌の乾燥、しみなどにも繋がります。

野菜を多く食べることはカロリーを抑えるだけでなく、体にいいことがたくさんあります。

◆デトックスして体がスッキリする。
野菜には食物繊維と水分が含まれており。便秘を解消し腸内をキレイにします。
野菜をたくさん食べると体がスッキリする感じがしますが、デトックス(解毒)効果があり体内をキレイにします。

◆食物繊維。
食物繊維はデトックスだけでなく、腸内環境を整える善玉菌の餌となったり、血糖値の急上昇を抑えたり、コレステロールの排出、有害物質を吸着し排泄する、満腹感が得られ食欲を抑える効果があります。不溶性食物繊維2、水溶性食物繊維1の割合がバランスいいといわれますが、便秘が酷く便が固くなっている人は水溶性食物繊維を多く摂るといいです。

◆ファイトケミカル。
ファイトケミカルは植物が自然界で身を守るために身に付けた成分で、色、香り、苦味、辛味などです(赤ワインのポリフェノール、緑茶のカテキン、人参のカロテンなど)。ファイトケミカルは抗酸化力が高く増えすぎてしまった活性酸素を除去したり、免疫を高めたりする作用があります。

◆ビタミン、ミネラルがとれる。
代謝を上げるにはビタミン。ミネラルが必要です。炭水化物のみの食事、肉食中心の食事では代謝に必要な栄養素がとれず太りやすくなります。

◆生野菜は酵素をとれる。
酵素には代謝酵素、消化酵素があり、酵素は消化酵素に優先的に使われるため消化酵素が足りなくなると代謝酵素から消化酵素に使われます。なので、酵素不足の状態では代謝が落ちてしまいまいます。

生野菜は体を冷すからと避ける人もいますが、体に酵素は必要ですし、生野菜のみの食事でなければ特に気にしなくていいと思います。