痩せるには筋肉は必要、落とすのは脂肪

ジョギング

リンパ痩身エステサロン
ナチュラルヘルシービューティーです。

筋肉は脂肪より重いので筋肉量が多い人のほうが体重は重くなりますが、筋肉量が多いほうが引き締まってスタイルよく見えます。

なので、体重よりも見た目の体型を気にしたほうがいいですよね。

ダイエットで落としたいのは筋肉ではなく脂肪で、代謝を上げるには筋肉は必要です。

筋肉があるから脚などが太いと思っているものは、老廃物が溜まり筋肉が固まって硬くなって張っている場合があります。筋肉よりもくっついている老廃物。

筋肉量が多いと思って体重が重いからと筋肉を落とそうとするのではなく、筋肉は維持して落とすのは脂肪とくっついてる老廃物で、筋肉が少ない人は筋肉をつけることで引き締まり代謝が上がります。

筋肉が多い人は筋肉を維持しながら、有酸素運動やストレッチをし、老廃物がくっつき硬くなった筋肉はリンパマッサージなどで柔らかくして流れを良くしていきます。

筋肉が少ない人は筋肉をつけることで引き締まり、代謝も上がっていきます。

筋トレは高い負荷をかけるためにゆっくりとおこなうのが効果的です。

筋トレをすることで代謝が上がり、引き締まってスタイルが良くなり、成長ホルモンの分泌促進にもなります。
成長ホルモンは代謝を促進し筋肉を増やす働きがあります。
(成長ホルモンは睡眠中にも分泌されます)

脂肪を効果的に燃やすには、筋トレをしてから有酸素運動をすると効果が高まります。

有酸素運動はウォーキング、ジョギング、水泳、自転車、ヨガなどです。

ですが、お客様の体を見て思ったのは、自転車は太ももが硬く張りやすく、テニスをしている人も太ももやふくらはぎ硬く張ってました。
あまり負担をかける運動をすると老廃物がたまり筋肉が難く張って脚が太くなってしまうので注意です。
水泳も体が冷えてしまうので、体が冷えやすい女性はあまりおすすめできないです。

運動は自分にあったものをするのがいいのですが、私はジョギングが自分でやって効果があるなと感じてます。
よく歩いてはいるのですが、走ると即効性があるなと。でもあまり走れなんですけどね…。
あと、少しやっていたベリーダンスをなかなかスクールに通えず辞めてしまい、ウエスト気になってきたので最近腹筋をして引き締めています。
少しでも運動は継続したほうがいいとつくづく思いました。