美容も健康もまずは冷えを改善することから

画像の説明

リンパ痩身エステサロン
ナチュラルヘルシービューティーです。

脂肪は体を守るために冷えている所につきやすいです。そして冷えから病気にもつながりやすいです。

太もも、お腹、二の腕は脂肪がつきやすいですね。脂肪が気になるところを触ってみるとひんやりして冷たいと思います。

お腹は大事な内臓を守るために脂肪がつきやすく、また内臓が冷えると血液が内臓に集中するために手足が冷えやすくもなります。

血流が悪く上半身はほてって熱いのに下半身は冷えて寒いという冷えのぼせの人も多いです。私もこのタイプです。

手足など部分的に冷える冷え性の人とは違って低体温の人は内臓も冷えています。
体温が低いと体温が高い人より代謝が悪く太りやすい、頭痛、肩こり、疲れやすい、病気にかかりやすい、生理痛、生理不順など婦人科系のトラブルにもなりやすいです。

特に女性は子宮があるので子宮を冷やさないように腰周りや下腹部に脂肪がつきやすくなります。

脂肪よりも怖いのは子宮の病気です。子宮筋腫も良性の腫瘍とはいえ4人に1人は筋腫を持っているといわれ、酷いと強い生理痛や過多月経などの辛い症状もでて、大きくなって子宮ごと摘出ということにもなりかねません。

免疫細胞は体温が高いと活発に活動しますし、ガン細胞は35℃台の低い体温を好むといいます。

女性は冷え性や低体温の人も多く、気にしていなかったり、冷えている自覚がなくてもお腹や太ももなど触ると冷たく冷えている人も多いです。

冷えを放置してダイエットでただ痩せることだけを考えているとなかなかうまくいかないです。

冷えを改善するには冷やさないことはもちろんですが、栄養バランス良く食事をとることや適度な運動をすること、健康的な体、食事、生活にしていくことが大事です。

リンパマッサージで血行やリンパの流れを整え循環を良くし、リラックスしてストレス緩和、自律神経を整えることも冷えの改善に役立ちます。

ただ、いろいろやっても低体温が改善しない場合は甲状腺の機能低下の可能性があります。