カロリーはほとんど関係ない、大事なのはオイルの質

画像の説明

リンパ痩身エステサロン
ナチュラルヘルシービューティーです。

最近アボカドをよく食べているのですが、ネットを見ていたらカロリーが高いから注意しましょうというようなことが書いてあり、それを見て「ん?」と思いました。

アボカドは森のバターと言われ栄養価が高く脂肪分の多い食物ですが、オレイン酸という不飽和脂肪酸なので悪玉コレステロールを下げ脂肪をつきにくくする効果があります。

オレイン酸、消化酵素、カリウム、食物繊維が豊富でダイエット効果がありますし、アボカドは美容や健康にとても良いので食事に取り入れるのはとてもおすすめです。

ですが、アボカドダイエットというように痩せるために食べるのは違うかなと…。ダイエットのために健康的な食事をするという意味でおすすめです。

アボカドのカロリーは一個220カロリーですが、良質の脂肪なのでそんなに気にすること無いと思います。
ただ、アボカドを食べすぎるとビタミンEの過剰摂取になってしまうようで、1日一個程度にしたほうがいいそうです。
良質の脂肪だからカロリーは気にしないとはいえ、さすがに取りすぎは良くないですしね。

アボカドのカロリーを気にするぐらいなら、普段食べているショートニングの入ったお菓子や酸化したオイルを使った食品などオイルの質を気にしたほうがいいです。

悪いオイルを摂り続けると活性酸素が大量に発生し、悪玉コレステロールも増加させます。また細胞膜も固くなり老廃物が排出されにくく、蓄えやすい体になって太る原因になります。

体に悪いトランス脂肪酸を含むショートニングやマーガリンはお菓子や菓子パンにたっぷり入っているので摂りすぎに注意が必要です。

酸化した体に悪い油を使って作られた食品は溜め込みやすい体になるので、毎日のように外食や中食(買ってきたお弁当など)、加工食品の人は注意が必要です。

良いオイルはオリーブオイル、アボカド、アーモンド、青魚、サーモン、胡桃などです。

体に良いオイルは細胞膜を柔らかくして老廃物の排出や栄養の取り込みをスムーズにし循環がよくなり、血もキレイになり髪や肌のツヤが良くなります。

太る原因がカロリーオーバーというよりも、酸化したオイルで揚げた揚げ物をよく食べていて、悪いオイルを摂り続けているから太るということもあります。

カロリーは気にしないとはいえ、まったく運動をしないとか、食べ過ぎたら太りますが、オイルの質を少し気にしてみると良いかなと思います。