なぜ腹巻をすすめていて、内臓を温めることが大事なのか?

画像の説明

リンパ痩身エステサロン
ナチュラルヘルシービューティーです。

なぜ腹巻をすすめていて、内臓を温めることが大事なのか?

腹巻は手軽で、「健康」「美容」「ダイエット」に良いのでとてもおすすめしています。

ダイエット
基礎代謝の40%を内臓で消費しており、内臓機能が落ちると代謝が落ちます。
なので代謝を上げるには内臓機能を活性化することが大事で、温めることで内臓の働きが良くなり内臓機能を高めることが出来ます。

免疫を上げる
免疫システムの70%が内臓に集中しており、免疫細胞は体が温かいと活性化します。

冷え性対策
内臓が冷えていると内臓を守るために血液は手足よりも内臓に集中し、手足や下半身が冷えやすく冷え性につながります。

低体温の改善
低体温の人は内臓も冷えています。そのため、代謝が悪く太りやすく痩せにくかったり、体調を崩しやすかったりします。
ホルモンバランスも崩しやすく生理不順や不妊の原因になることもあります。
がん細胞は35℃程の体温が低いと活性化しやすく、免疫細胞は体温が37℃ぐらい高いと活性化します。

子宮を守るため
子宮が冷えると婦人科系のトラブルや自律神経、ホルモンバランスが乱れ体調不良が起こりやすくなります。
また子宮を冷えから守るために腰周りに脂肪が付きやすくなります。

とにかく、内臓を冷やさないことです!

自分が思っているより内臓は冷えています。暑がりと思っていても深部は冷えている場合があります。

冷たい飲み物や食べ物が好きな人は内臓をかなり冷やしています。要注意です!

遠赤パワーで身に付けるだけで効果があるオーラストーン商品